« http://haiku.hu, a Terebess Online https://terebess.hu különlapja

Virágnéző kimonó

Image result for 杉田 久 女

Szugita Hiszadzso haikui
(杉田久女 Sugita Hisajo, 1890-1946)

Terebess Gábor fordításai:
Vigilia, 74. évfolyam, 2009/7. szám, 532. oldal

DOC > PDF

Magasrangú hivatalnok harmadik lánya. 1909-ben hozzáment Szugita Udai (杉田 宇内) festőművészhez, Ogurában éltek Kjúsú szigetén. Költő bátyja, Akahori Gesszen (青堀 月蟾) vezette őt be a haiku-írás rejtelmeibe. 1911-ben született lánya később szintén haiku költő lett Isi Maszako (石 昌子) néven. 1922-ben férjével együtt megkeresztelkedtek, áttértek a katolikus vallásra. A japán női haiku mozgalom (女流俳句 dzsorjú haiku) egyik legjelentősebb képviselője, de igazán halála után fedezték fel.


花衣ぬぐや纏はるひもいろいろ
花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ
hanagoromo* nugu ya matsuwaru himo iroiro

lábamhoz hullik
virág-bámész kimonóm
öve gubancban

*A hanami (花見, szó szerint „virágnézés”) gyönyörködés a tavasszal virágzó cseresznyében, ilyenkor a nők „virág-ünneplő” kimonót (花衣 hana-goromo) viselnek.


春寒や刻み鋭き小菊の芽
harusamu ya kizami surodoki kogiku no me

hűvös a tavasz
krizantém rügyei mily
szúrósra nőttek


わが歩む落葉の音のあるばかり
waga ayumu ochiba no oto no arubakari  

lépteimmel
az úton száraz levelek
zizzenése jár


燈に縫うて子に教ゆる字秋の雨
ki ni nūte ko ni oshiyuru ji aki no ame

lámpánál varrok
a gyerek leckét betűz
őszi eső hull


吾子に似て泣くは誰が子ぞ夜半の秋
ako ni nite naku wa ta ga ko zo yowa no aki

ki gyereke sír
mintha az enyém lenne
őszi éjszaka


戯曲よむ冬夜の食器浸けしまま
gikyoku yomu fuyu yo no shokkitsukeshi mama

drámát olvastam
egy téli éjszakán át
ázott az edény


しろしろと花びらそりぬ月の菊
shiroshiro to hanabira sorinu tsuki no kiku

krizantém szirma
fehérre pödrődik
rásütött a hold


ぬかづけばわれも善女や佛生會
nukazukeba ware mo zennyo ya busshōe

letérdepelek
erényes asszony leszek
Buddha napjára


風に落つ楊貴妃櫻房のまま
kaze ni otsu Yō Kihizakura fusa no mama

szélrázta szirmok
a földön csodás fürtökbe
rendeződnek


蝶追うて春山深く迷ひけり
chō ōte haruyama fukaku mayoikeri

pillangót űztem
tavaszi hegyek között
elkeveredtem


バイブルをよむ寂しさよ花の雨
baiburu o yomu sabishisa yo hana no ame

Bibliát olvasok
magamban míg szirommal
szakad az eső


朝寒の窯焚く我に起き来る子
asazamu no kama taku ware ni oki kuru ko

rideg reggelen
tüzet gyújtani kelek
jön a gyerek is


羅に衣通る月の肌かな
usumono ni so tōru tsuki no hadae kana

holdfény sugara
vékonyka ruhámon át
bőröm tapintja


菊の日に雫振り梳く濡毛かな
kiku no hi ni shizuku furi suku nurege kana

Krizantém-ünnep
vizes hajamból fésült
záporeső hull


谺して山ほととぎすほしいまま
kodama shite yama hototogisu hoshii mama

kakukk visszhangja
uralja a hegyeket
kénye-kedvére


菱摘むとかがめば沼は沸く匂ひ
hishi tsumu to kagame ba numa wa waku nioi

sulyom szedéshez
kihajolsz a csónakból
főtt sulyomszag száll


朝顔や濁り初めたる市の空
asagao ya nigori some taru ichi no sora

hajnalkavirág
piac fölött az égbolt
beborulóban


羅を裁つや乱るる窓の黍
usumono o tatsu ya midaruru mado no kibi

szabom a selymet
kölesfű kuszálódik
ablakom előtt


よそに鳴る夜長の時計数へけり
yoso ni naru yonaga no tokei kazoekeri

szomszéd órája
számolom hányat üt
hosszú éjszaka


春潮に流るる藻あり矢の如く
shuncho ni nagaruru mo ari ya no gotoku

tavaszi zöldár
moszatszálak mint kilőtt
nyílak szállnak


張りとほす女の意地や藍ゆかた
haritōsu onna no iji ya ai yukata

női akaraterő
sötétkék hálóköntös
nem pedig fehér


病蝶や石に翅をまつ平ら
byō chō ya ishi ni tsubasa o mattaira

beteg pillangó
szárnyát szikla hátára
terítette ki


板の如き帯にさゝれぬ秋扇
ita no gotoki obi ni sasarenu aki ōgi

deszkakemény öv
nem tűzhetem alá
őszi legyezőmet


足袋つぐやノラともならず教師妻
tabi tsugu ya Nora* to mo narazu kyōshizuma
zoknit foltozok
tanár nejeként igyekszem
nem Nóra lenni

*Nóra otthagyja a családját, hogy rátaláljon önmagára – Henrik Ibsen darabjában (Babaház; Nóra címen is ismert, eredeti: Et dukkehjem, 1879).


齒莖かゆく乳首かむ子や花曇
haguki kayuku chikubi kamu ko ya hanagumori

csecsem harapdálja
viszket a baba ínye
tavaszi pára


芥子蒔くや風に乾きし洗ひ髪
karashi maku ya kaze ni kawakishi araigami

mustárt vetettem
amíg a fuvallatban
megszáradt hajam


白豚や秋日に透いて耳血色
shirobuta ya akibi ni suite mimi chiiro

fehér sertés
véreres fülén átsüt
az őszi nap


貧しき群におちし心や百合に恥ず
mazushiki mure ni ochishi kokoro ya yuri ni hazu

iszony tömegben
ártatlan liliom láttán
szívem összetört


夕顔やひらきかかりて襞深く
yūgao ya hiraki kakari te hida fukaku

tökvirág kelyhe
mély redői esteli
szétnyílásban


秋宮に髪むしり泣く女かな
aki miya ni kami mushiri naku onna kana

őszi szentélynél
haját tépi egy asszony
szívtépőn zokog


のぞき見ては塀穴ふさぐ日永かな
nozoki mite wa heiana fusagu hinaga kana

megint átlesnék
de a lyuk eltömődött
hosszú lesz a nap


空襲の灯を消しおくれ 花の寺
kūshū no hi wo keshi okure hana no tera

légiriadó
hol ég legtovább a fény?
virágtemplomban


螺線まいて崖落つ時の一葉疾し
rasen maite gake otsu toki no hitoha hayashi

leveti magát
falevél a szirtfokról
pörögve zuhan


ホ句のわれ慈母たるわれや夏痩せぬ
hoku no ware jibo taru ware ya natsu yasenu

haikut költő
gondos anya de egy roncs –
lefogytam nyáron


雪道や降誕際の窓明り
yuki michi ya kôtansai no mado akari

havas gyalogút
jöjj el karácsony este
fényes az ablak


子等は寝し簷端の月に涼みけり
kora wa neshi nokiba no tsuki ni suzumi keri

alszik a gyerek
eresz alatt hűsölök
holdvilágnál


父逝くや明星霜の松に尚ほ
chichi yuku ya myōjō shimo no matsu ni nao

meghalt az apám
akár a hajnalcsillag
deres fenyőfán


秋晴や何を小刻むよその厨
akibare ya nani o kokizamu yoso no kuriya

szép őszi idő
mit metélnek laskára
más konyhájában?


假名かきうみし子にそらまめをまかせけり
kana kaki umishi ko ni soramame o makasekeri

fáradt a gyerek
írásgyakorlás helyett
fejtsen lóbabot


掻き合す夜寒の膝や机下
kakiawasu yosamu no hiza ya tsukue shita

íróasztalnál
fázós térdem takarom
ruhám ujjával


忍び来て摘むは誰が子ぞ紅苺
shinobikite tsumu wa ta ga ko zo beni ichigo

piros a szamóca
besurranó tolvajok
melyik kölyök az?


わが蒔いていつくしみ見る冬菜かな
waga maite itsukushimi miru fuyun kana

téli zöldségek
ámulattal adózom
saját vetésem


唐黍を焼く子の喧嘩きくも厭
tōkibio yaku ko no kenka kiku mo iya

belefásultam
veszekednek a gyerekek
főtt kukoricán


あたたかや皮ぬぎ捨てし猫柳
tataka ya kawa nugisuteshi neko yanagi

meleg az idő
a fűzfa barkáját
levetkőzteti


花大根に蝶漆黒の翅あげて
hana daikon ni chō shikkoku no hane agete

retekvirágra
lakkfekete szárnyú
pillangó libben


バナナ下げて子等に歸りし日暮れかな
banana sagete kora ni kaerishi higure kana

a gyerekeknek
banánt hoztam a boltból
estébe hajlik


髪卷いて夜長の風呂に浸りけり
kami maite yonaga no furo ni hitari keri

hajam kontyban
forró fürdőben ázok
tartós őszi éj


夏痩や頬も色とらず束ね髪
natsu yase ya ho mo iro torazu tabanegami

fogytam a nyáron
nem kell magam kifesteni
feltűzöm hajam


姉ゐねばおとなしき子やしゃぼん玉
ane ineba otonashiki ko ya shabondama

nővére elment
szappanbuborékot fúj
tényleg jó kislány


黄薔薇や異人の厨に料理會
kisōbi ya ijin no kuriya ni ryōrikai

sárga rózsák
egy külföldi konyhájában
főzőoktatás


春の灯に心をどりて襟かけぬ
haruno hi ni kokoro odorite eri kakenu

tavaszi lámpás
szívem is táncra perdül
gallért teszek föl


春暁の紫玉菜抱く葉かな
shungyō no murusaki tamana daku ha kana

tavaszi hajnal
vöröskáposzta fejét
levele öleli


廊通ふスリッパの音夜長かな
rō kayou surippa no oto yonaga kana

papucs csoszogás
oda-vissza a folyosón
vánszorog az éj


言葉少く別れし夫婦秋の宵
kotoba sukunaku wakareshi fūfu aki no yoi

szót alig szólnak
férj feleség búcsúja
őszi alkonyat


草摘む子幸あふれたる面かな
kusa tsumu ko sachi afuretaru omote kana

vadvirágot szed
kislány arcát elönti
a boldogság


照り降りにさして色なし古日傘
terifuri ni sashite ironashi furu higasa

naptól-esőtől
színevesztett fakóság
régi napernyő


月涼しいそしみ綴る蜘蛛の糸
tsuki suzushi isoshimi tsuzuru kumo no ito

holdas hidegben
egy munkamániás pók
szövi hálóját


爪ぐれに指そめ交はし戀稚く
tsumagure ni yubi some kawashi koi wakaku

egymás ujját festik
nebántsvirág pirosra
kamasz szerelem


鶴の影舞ひ下りる時大いなる
tsuru no kage maioriru toki ōi naru

szállnak a darvak
egyre közelebb érnek
megnő az árnyuk


 常夏の碧き潮あびわがそだつ
tokonatsu no aoki shio abi waga sodatsu

felcseperedtem
smaragd tengerben fürdve
örök nyarakon

 

 

Innovation and constraint: the female haiku poet, Sugita Hisajo, and Hototogisu haiku
by Susan Alice Stanford
Doctoral dissertation, Monash University, Melbourne, 2015. 438 p.

Japánul
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person606.html
http://yab.o.oo7.jp/hisajyo2.html
http://yab.o.oo7.jp/hisajyo.html

 

 


杉田久女
俳句集
http://www5c.biglobe.ne.jp/~n32e131/haiku/hisajo.html


新年
元旦や束の間起き出で結び髪
松の内社前に統べし舳かな
松の内海日に荒れて霙れけり
松とれし町の雨来て初句会
正月や胼の手洗ふねもごろに
初凪げる湖上の富士を見出でけり
凧を飾りて子等籠りとるかるたかな
胼の手も交りて歌留多賑へり
書初やうるしの如き大硯
縫初の糸の縺れをほどきけり
松の内を淋しく籠る今年かな
初凪げる和布刈の磴に下りたてり
眉引も四十路となりし初鏡
元旦の埠頭に瀬戸の舟つけり
水手洗の杓の柄青し初詣
雪解けの雫ひまなし初詣
仰ぎ見る大〆飾出雲さび
巨いさや雀の出入る〆飾
神前に遊ぶ雀も出雲がほ
あだ守る筑紫の破魔矢うけに来し
紫の雲の上なる手毬唄



春寒や刻み鋭き小菊の芽
麦の芽に日こぼす雲や春寒し
春寒の髪のはし踏む梳手かな
揃はざる火鉢二つに余寒かな
鳥の餌の草摘みに出し余寒かな
春暁の窓掛け垂れて眠りけり
春暁の夢のあと追ふ長まつげ
草庵やこの絵ひとつに春の宵
小鏡にうつし拭く墨宵の春
春の夜のねむさ押へて髪梳けり
春の夜や粧ひ終へし蝋短か
春の夜のまどゐの中にゐて寂し
ゆく春やとげ柔らかに薊の座
ゆく春の流れに沿うて歩みけり
のぞき見ては塀穴ふさぐ日永かな
あたたかや水輪ひまなき庇うら
あたたかや皮ぬぎ捨てし猫柳
淡雪にみな現はれし葉先かな
東風吹くや耳現はるるうなゐ髪
船板に東風の旗かげ飛びにけり
春の雨苗すこやかに届きけり
春雨や土押し上げて枇杷二葉
春雨の畠に灯流す二階かな
春雨や畳の上のかくれんぼ
菓子ねだる子に戯画かくや春の雨
歯茎かゆく乳首かむ子や花曇
嵐山の枯木もすでに花曇
春泥に柄浸けて散れる木の実赤
浮きつづく杭根の泡や水ぬるむ
ぬるむ水に棹張りしなふ濁りかな
土出でて歩む蟇見ぬ水ぬるむ
春著きるや裾踏み押へ腰細く
鬢かくや春眠さめし眉重く
風をいとひて鬢に傾げし春日傘
道のべの茶すこし摘みて袂かな
草摘む子幸あふれたる面かな
簷に吊る瓢の種も蒔かばやな
青き踏むや離心抱ける友のさま
姉ゐねばおとなしき子やしやぼん玉
ひとでふみ蟹とたはむれ磯あそび
押し習ふ卒業式の太鼓判
栴檀の花散る那覇へ入学す
入学児に鼻紙折りて持たせけり
燕来る軒の深さに棲みなれし
藪風に 蝶ただよへる虚空かな
蝶去るや葉とぢて眠るうまごやし
すこし飛びて又土にあり翅破れ蝶
旭注ぐや蝶に目覚めしうまごやし
指輪ぬいて蜂の毒吸ふ朱唇かな
木立ふかく椿落ちゐし落葉かな
バイブルをよむ寂しさよ花の雨
花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ
今掃きし土に苞ぬぐ木の芽かな
晴天に苞押しひらく木の芽かな
花ふかく躑躅見る歩を移しけり
青麦に降れよと思ふ地のかはき
月おそき畦おくられぬ花大根
活くるひま無き小繍毬や水瓶に
春蘭にくちづけ去りぬ人居ぬま
手より手にめで見る人形宵節句
ほほ笑めば簪のびらや雛の客
幕垂れて玉座くらさや雨の雛
函を出てより添ふ雛の御契り
古雛や花のみ衣の青丹美し
雛愛しわが黒髪をきりて植ゑ
古りつつも雛の眉引匂やかに
紙雛のおみな倒れておはしけり
雛市に見とれて母におくれがち
雛買うて疲れし母娘食堂へ
嚶珞揺れて雛顔暗し蔵座敷
雛の間や色紙張りまぜ広襖
鶯や螺鈿古りたる小衝立
舳先細くそりて湖舟や春の雪
縁起図絵よむ一行に梅さかり
春雪に四五寸青し木賊の芽
芹すすぐ一枚岩のありにけり
梅林のそぞろ歩きや筧鳴る
春潮に群れ飛ぶ鴎縦横に
春雷や俄に変る洋の色
逆潮をのりきる船や瀬戸の春
春寒に銀屏ひきよせ語りけり
春浅く火酒したたらす紅茶かな
梨畠の朧をくねる径かな
くぐり見る松が根高し春の雪
ぬかづいてねぎごと長し花の雨
ぬかづきし我に春光尽天地
春光に躍り出し芽の一列に
春惜む布団の上の寝起かな
佇めば春の潮鳴る舳先かな
春潮に流るる藻あり矢の如く
春の山暮れて温泉の灯またたけり
春の襟染めて着初めしこの袷
灌沐の浄法身を拝しける
ぬかづけばわれも善女や仏生会
無憂華の木蔭はいづこ仏生会
葺きまつる芽杉かんばし花御堂
靴買うて卒業の子の靴磨く
卒業やちび靴はくも今日限り
青き踏む靴新らしき処女ごころ
卒業の子に電報すよきあした
炊き上げてうすき緑や嫁菜飯
かきわくる砂のぬくみや防風摘む
防人の妻恋ふ歌や磯菜摘む
元寇の石塁はいづこ磯菜摘む
蕗の薹ふみてゆききや善き隣
磯菜つむ行手いそがんいざ子ども
甦る春の地霊や蕗の薹
水上へうつす歩みや濃山吹
盆に盛る春菜淡し鶴料理
落椿の葉くぐり落ちし日の斑かな
蒼海の波騒ぐ日や丘 椿
花ふかき館に径ある夜宴かな
花莟む梢の煙雨ひもすがら
襟巻に花風寒き夕べかな
たもとほる桜月夜や人おそき
せせらぎに耳すませ居ぬ山桜
坊毎に春水はしる筧かな
蕗味噌や代替りなる寺の厨
桜咲く広寿の僧も住み替り
お茶古びし花見の縁も代替り
新船卸す瀬戸の春潮とこしなへ
新艘おろす東風の彩旗へんぽんと
釣舟の漕ぎ現はれし花の上
花の寺登つて海を見しばかり
花の坂船現はれて海蒼し
傘をうつ牡丹桜の雫かな
うす墨をふくみてさみし雨の花
雨ふくむ薄墨桜みどりがち
掃きよせてある花屑も貴妃桜
風に落つ楊貴妃桜房のまゝ
きざはしを降りる沓なし貴妃桜
春昼や坐ればねむき文机
春寒の毛布敷きやる夜汽車かな
いつくしむ雛とも別れ草枕
寮住のさみしき娘かな雛まつる
健やかにまします子娘等の雛祭
寝返りて埃の雛を見やりけり
春愁の子の文長し憂へよむ
望郷の子のおきふしも花の雨
春愁癒えて子よすこやかによく眠れ
水ぬるむ巻葉の紐の長かりし
水底に映れる影もぬるむなり
菱摘みし水江やいづこ嫁菜摘む
万葉の池今狭し桜影
摘み競ふ企玖の嫁菜は籠にみてり
添ひ下る塢舸の運河はぬるみけり
子のたちしあとの淋しさ土筆摘む
娘がゐねば夕餉もひとり花の雨
うらゝかや朱のきざはしみくじ鳩
三宮を賽しおはんぬ桜人
桜咲く宇佐の呉橋うち渡り
うらゝかや斎き祀れる瓊の帯
藤挿頭す宇佐の女禰宜は今在さず
丹の欄にさへづる鳥も惜春譜
雉子鳴くや宇佐の盤境禰宜ひとり
春惜しむ納蘇利の面は青丹さび
まだ散らぬ帝都の花を見に来り
訪れて暮春の縁にあるこゝろ
虚子留守の鎌倉にきて春惜む
身の上の相似て親し桜貝
種浸す大盥にも花散らす
椿落ちず神代に還る心なし
斐伊川のつゝみの蘆芽雪残る
斐伊川のつゝみの蘆芽萌え初めし
蘆芽ぐむ古江の橋をわたりけり
蘆の芽に上げ潮ぬるみ満ち来なり
上げ潮におさるゝ雑魚蘆の角
若蘆にうたかた堰を逆ながれ
目の下に霞み初めたる湖上かな
立春の輝く潮に船行けり
春潮の上に大山雲をかつぎ
若布刈干す美保関へと船つけり
群岩に上るしぶきも春めけり
潮碧しわかめ刈る舟木の葉の如し
群岩に春潮しぶき鰐いかる
虚偽の兎神も援けず東風つよし
春潮の渚に神の国譲り
椿咲く絶壁の底潮碧く
春潮に真砂ま白し神ぞ逢ふ
春潮からし虚偽のむくいに泣く兎
兎かなし蒲の穂絮の甲斐もなく
春潮に神も怒れり虚偽兎
春寒し見離されたる雪兎
ゆるゆると登れば成就椿坂
春寒み八雲旧居は見ずしまひ
燈台のまたたき滋し壷焼屋
春光や塗美しき玉櫛匡
処女美し連理の椿髪に挿頭し
みづら結ふ神代の春の水鏡
日表の莟も堅しこの椿
椿濃し神代の春の御姿
春の旅子らの縁もいそぐまじ
神代より変らぬ道ぞ紅椿
東風吹くや八重垣なせる旧家の門
争へる牛車も人も春霞
歇むまじき藤の雨なり旅疲れ
蕨餅たうべ乍らの雨宿り
公園の馬酔木愛しく頬にふれ
旅かなし馬酔木の雨にはぐれ鹿
旅衣春ゆく雨にぬるゝまゝ
大いなる春の月あり山の肩
春寒の樹影遠ざけ庭歩み
庭石にかがめば木影春寒み
新らしき春の袷に襟かけん
新調の久留米は着よし春の襟
春の襟かへて着そめし久留米かな
花も実もありてうるはし春袷
恋猫を一歩も入れぬ夜の襖
冬去りて春が来るてふ木肌の香
土濡れて久女の庭に芽ぐむもの
故里の小庭の菫子に見せむ
ほろ苦き恋の味なり蕗の薹
蕗の薹摘み来し汝と争はず
移植して白たんぽぽはかく殖えぬ
空襲の灯を消しおくれ花の寺
近隣の花見て家事にいそしめる
掘りすてゝ沈丁花とも知らざりし
全山の木の芽かんばし萌え競ひ
奉納のしやもじ新し杉の花
雉子鳴くや都にある子思ふとき
雉子の妻驚ろかしたる蕨刈
杖ついて誰を待つなる日永人
会釈して通る里人蕨摘む
焼けあとの蕨は太し二三本
芹摘むや淋しけれどもたゞ一人
蝶追うて春山深く迷ひけり
花過ぎて尚彦山の春炬燵
なまぬるき春の炬燵に恋もなし
風呂に汲む筧の水もぬるみそむ
風呂汲みの昼寝も一人花の雨
咲き移る外山の花を愛で住めり
梨花の月浴みの窓をのぞくなよ
垣間見を許さぬこの扉山桜
風に汲筧も濁り花の雨
歌舞伎座は雨に灯流し春ゆく夜
鳥雲にわれは明日たつ筑紫かな



縫ふ肩をゆすりてすねる子暑さかな
月の輪をゆり去る船や夜半の夏
日盛の塗下駄ぬげば曇りかな
萱の中に花摺る百合や青嵐
一間より僧の鼾や青嵐
松の根の苔なめらかに清水吸ふ
衣更て帯上赤し厨事
みづみづとこの頃肥り絹袷
夏の帯広葉のひまに映り過ぐ
夏の帯翡翠にとめし鏡去る
後妻の姑の若さや藍ゆかた
洗ひ髪かはく間月の籘椅子に
四季の句のことに水色うちはかな
照り降りにさして色なし古日傘
麻蚊帳に足うつくしく重ね病む
母の帯巻きつつ語る蚊帳の外
コレラ怖ぢ蚊帳吊りて喰ふ昼餉かな
蚊帳の中団扇しきりに動きけり
母と寝てかごときくなり蚊帳の月
蒼海の落日とどく蚊帳かな
蚊帳吊りて旅疲れなし雨後の月
縁側に夏座布団をすすめけり
打水に木蔭湿れる売店かな
水打つて石涼しさや瓜をもむ
玄海に連なる漁火や窓涼み
夕凪や釣舟去れば涼み舟
灯せる遊船遠く現はれし
夏祭り髪を洗つて待ちにけり
風鈴に黍畠より夜風かな
孤り居に風鈴吊れば黍の風
帽子ぬぐや汗に撚れあふもつれ髪
金魚掬ふ行水の子の肩さめし
虫干やつなぎ合はせし紐の数
新茶汲むや終りの雫汲みわけて
枕つかみて起上りたる昼寝かな
夏痩のおとがひうすく洗ひ髪
夏痩の頬も色どらず束ね髪
子らたのし夏痩もせず海に山に
帰省子に糸瓜大きく垂れにけり
湖を泳ぎ上りし木蔭かな
羅を裁つや乱るる窓の黍
夕闇の中に蟇這ふけはひかな
つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな
昼灯すみ山燈籠やひきがへる
生き 鮎の鰭をこがせし強火かな
笹づとをとくや生き鮎ま一文字
鮎やけば猫梁を下りて来し
登り来ては杭をとび散る羽蟻かな
ゐもり釣る童の群にわれもゐて
玉虫や瑠璃翅乱れて畳とぶ
草に落ちし蛍に伏せし面輪かな
蛍籠広葉の風に明滅す
こがね虫葉かげを歩む風雨かな
燕に機窓明けて縫ひにけり
訪ふを待たでいつ巣立ちけむ燕の子
蝉時雨日斑あびて掃き移る
蝉涼しわがよる机大いなる
雨のごと降る病葉の館かな
夕顔に水仕もすみてたたずめる
夕顔やひらきかかりて襞深く
夕顔を蛾の飛びめぐる薄暮かな
逍遥や垣夕顔の咲く頃に
夕顔を見に来る客もなかりけり
仮名かきうみし子にそらまめをむかせけり
忍び来て摘むは誰が子ぞ紅苺
苺摘む盗癖の子らをあはれとも
睡蓮や鬢に手あてて水鏡
おのづから流るる水葱の月明り
笑みをふくんで牡丹によせし面輪かな
黄薔薇や異人の厨に料理会
貧しき家をめぐる野茨月貴と
夏草に愛慕濃く踏む道ありぬ
月光揺れて夏草の間を流れかな
貧しき群におちし心や百合に恥ず
蕗むくやまた襲ひきし歯のいたみ
住みかはる扉の蔦若葉見て過ぎし
厨着ぬいでひとり汲む茶や若楓
傘にすけて擦りゆく雨の若葉かな
月見草に月尚ささず松の下
茄子苗の日除し置いてまた縫へり
茄子もぐや日を照りかへす櫛のみね
月に出て水やる音す茄子畠
牛蒡葉に雨大粒や竿入るる
簀戸たてて棕櫚の花降る一日かな
子犬らに園めちやくちや箒草
つれづれの小簾捲きあげぬ濃紫陽花
箒目に莟をこぼす柚の樹かな
蓮咲くや旭まだ頬に暑からず
水暗し葉をぬきん出て大蓮華
日を遮る広葉吹きおつ日ごと日ごと
汲みあてて花苔剥げし釣瓶かな
麦湯湧かしくど日もすがら松の根に
水上げぬ紫陽花忌むや看る子に
面痩せし子に新しき単衣かな
庭木のぼり蛇見てさわぐ病児かな
床に起きて絵かく子となり蝉涼し
夏雨に母が炉をたく法事かな
目にしみて炉煙はけず茄子の汁
茄子買ふや框濡らして数へつつ
夏雨に炉辺なつかしき夕餉かな
屋根石にしめりて旭あり花棗
紫陽花に秋冷いたる信濃かな
濃霧晴れし玻璃に映れる四葩かな
山冷えに羽織重ねしゆかたかな
行水の提灯の輪うつれる柿葉うら
行水や肌に粟立つ黍の風
鏡借りて発つ髪捲くや明けやすき
草いきれ鉄材さびて積まれけり
草いきれ連山襞濃く刻みけり
北斗燗たり高原くらき草いきれ
草いきれ妖星さめず赤きかな
赤き月はげ山登る旱かな
灯れば蚊のくる花柿の葉かげより
花柿に簾高く捲いて部屋くらし
障子しめて雨音しげし柿の花
藻の花に自ら渡す水馴棹
水荘の蚊帳にとまりし蛍かな
藻を刈ると舳に立ちて映りをり
藻刈竿水揚ぐる時たわみつつ
夏帯やはるばる葬に間に合わず
上陸やわが夏足袋のうすよごれ
夏羽織とり出すうれし旅鞄
替りする墨まだうすし青嵐
卓の百合あまり香つよし疲れたり
姫著莪の花に墨する朝かな
船長の案内くまなし大南風
翠巒を降り消す夕立襲ひ来し
旱魃の舗道はふやけ靴のあと
夜毎たく山火もむなしひでり星
汲み濁る家主の井底水飢饉
水飢饉わが井は清く湧き澄めど
夏の海島かと現れて艦遠く
煙あげて塩屋は低し鯉幟
大阪の甍の海や鯉幟
目の下の煙都は冥し鯉幟
男の子うまぬわれなり粽結ふ
櫛巻の歌麿顔や袷人
ミシン踏む足のかろさよ衣更
蒼朮の煙賑はし梅雨の宿
焚きやめて蒼朮薫る家の中
おくれゐし窓辺の田植今さかん
早苗水走り流るる籬に沿ひ
おくれゐし門辺の早苗植ゑすめり
踏みならす帰省の靴はハイヒイル
寮の娘や帰省近づくペン便り
帰省子の琴のしらべをきく夜かな
帰省子やわがぬぎ衣たたみ居る
いとし子や帰省の肩に絵具函
遊園の暗き灯かげに涼みけり
涼み舟門司の灯ゆるくあとしざり
羅に衣通る月の肌かな
遠泳の子らにつきそひ救助船
潮あびの戻りて夕餉賑かに
上つ瀬に歌劇明りや河鹿きく
水疾し岩にはりつき啼く河鹿
河鹿きく我衣手の露しめり
ひきのこる岩間の潮に海ほうづき
薔薇むしる垣外の子らをとがめまじ
藁づとをほどいて活けし牡丹かな
牡丹を活けておくれし夕餉かな
牡丹やひらきかかりて花の隈
牡丹や揮毫の書箋そのままに
牡丹にあたりのはこべ延ぶがまま
牡丹にあたりのはこべ抜きすてし
端居して月の牡丹に風ほのか
隔たれば葉蔭に白し夕牡丹
紅苺垣根してより摘む子来ず
凌霄花の朱に散り浮く草むらに
流れ去る雲のゆくえや青芭蕉
晴天に広葉をあほつ芭蕉かな
夕顔や遂に無月の雨の音
かへり見ぬ葡萄の蔓も花芽ぐむ
霖雨や泰山木の花墜ちず
活け終へて百合影すめる襖かな
上げ潮にまぶしき芥花楝
籘椅子に看とり疲れや濃紫陽花
窓明けて見渡す山もむら若葉
帰り来て天地明るし四方若葉
新樹濃し日は午に迫る蝉の声
葉桜や流れ釣なる瀬戸の舟
降り歇まぬ雨雲低し枇杷熟れる
わがもいで愛づる初枇杷葉敷けり
わがもいで贈る初枇杷葉敷けり
薫風や釣舟絶えず並びかへ
釣舟の並びかはりし籐椅子かな
晩涼や釣舟並ぶ楼の前
大釜の湯鳴りたのしみ蟹うでん
大鍋をはみ出す脚よ蟹うでん
朱欒咲く五月となれば日の光
朱欒咲く五月の空は瑠璃のごと
天碧し廬橘は軒をうずめ咲く
花朱欒こぼれ咲く戸にすむ楽し
南国の五月はたのし花朱欒
常夏の碧き潮あびわがそだつ
爪ぐれに指そめ交はし恋稚く
島の子と花芭蕉の密の甘き吸ふ
砂糖黍かぢりし頃の童女髪
海ほうづき口にふくめば潮の香
海ほうづき流れよる木にひしと生え
海ほうづき鳴らせば遠し乙女の日
吹き習ふ麦笛の音はおもしろや
潮の香のぐんぐんかはく貝拾ひ
杜若雨に殖えさく高欄に
杜若映れる矼をまたぎけり
ばら薫るマーブルの碑に哀詩あり
蝉涼し汝の殻をぬぎしより
羅の乙女は笑まし腋を剃る
壇浦見渡す日覆まかせけり
日覆かげまぶしき潮の流れおり
おびき出す砂糖の蟻の黒だかり
英彦より採り来し小百合莟むなり
冷水をしたたか浴びせ躑躅活け
実梅もぐ最も高き枝にのり
千万の宝にたぐひ初トマト
処女の頬のひほふが如し熟れトマト
母美しトマトつくりに面痩せず
朝に灌ぎ夕べに肥し花トマト
降り足りし雨に育ちぬ花トマト
新鮮なトマト喰ふなり慾もあり
青芒ここに歩みを返しつつ
たてとほす男嫌ひの単帯
張りとほす女の意地や藍ゆかた
一束の緋薔薇貧者の誠より
一椀の餉にあたたまり梅雨の寺
実桑もぐ乙女の朱唇恋知らず
旅に出て病むこともなし栗の花
栗の花うごけば晴れぬ窓の富士
栗の花そよげば箱根天霧らし
雲海の夕富士あかし帆の上に
ヨツト見る白樺かげの椅子涼し
草の名もきかず佇み苑の夏
苔庭をはくこともあり梅みのる
漕ぎ出でて倒富士見えず水馬
栗の花紙縒の如し雨雫
母屋から運ぶ夕餉や栗の花
上宮は雨もよひなり柿の花
谿水を担ひ登ればほととぎす
絶壁に擬宝珠咲きむれ岩襖
よぢ登る上宮道のほととぎす
筆とりて肩いたみなし著莪の花
汚れゐる手にふれさせずセルの膝
葵つむ法親王の屋敷趾
天碧し青葉若葉の高嶺づたひ
六助の碑に恋もなし笹粽
杉の月仏法僧と三声づつ
若葉濃し雨後の散歩の快し
杉くらし仏法僧を目のあたり
疑ふな神の真榊風薫る
病快し雨後の散歩の若葉かげ
平凡の長寿願はずまむし酒
物言ふも逢ふもいやなり坂若葉
歩みよる人にもの言はず若葉蔭
宮ほとり相逢ふ人も夏装ひ
竹の子を堀りて山路をあやまたず
百合を堀り竹の子を掘る山路かな
ふと醒めて初ほととぎす二三声
魚より百合根がうまし山なれば
彦山の天は晴れたり鯉幟
満開のさつき水面にてるごとし
早苗束投げしところに起直り
雨晴れて忘れな草に仲直り
逢ふもよし逢はぬもをかし若葉雨
日が照れば登る坂道鯉幟
菖蒲ふく軒の高さよ彦山の宿
道をしへ法のみ山をあやまたず
道をしへ一筋道の迷ひなく
何もなし筧の水に冷奴
熟れそめし葉蔭の苺玉のごと
露の葉をかきわけかきわけ苺つみ
朝なつむ苺の露に指染めむ
緑葉にかくさうべしや紅苺
朝日濃し苺は籠に摘みみちて
手づくりの苺食べよと宣す母
初苺喰ませたく思ふ子は遠く



秋来ぬとサフアイア色の小鰺買ふ
秋のごと瞳澄めば嬉し鏡拭く
秋暑し熱砂にひたと葉つぱ草
障子しめて灯す湯殿や秋涼し
新涼や紫苑をしのぐ草の丈
新涼や日当りながら竹の雨
新涼やほの明るみし柿の数
二百十日の月穏やかに芋畠
二百十日の月玲瓏と花畠
編物やまつ毛目下に秋日かげ
白豚や秋日に透いて耳血色
秋の夜の敷き寝る袴た ゝみけり
汝を泣かせて心とけたる秋夜かな
さみし身にピアノ鳴り出よ秋の暮
うそ寒や黒髪へりて枕ぐせ
朝寒の窯焚く我に起き来る子
朝寒や小さくなりゆく蔓の花
朝寒の杉間流るる日すぢかな
朝寒に起き来て厨にちゞめる子
朝寒の峯旭あたり来し障子かな
汲みあてて朝寒ひびく釣瓶かな
髪結うて前髪馴れぬ夜寒かな
掻きあはす夜寒の膝や机下
髪くくるもとゆひ切れし夜寒かな
先に寝し子のぬくもり奪ふ夜寒かな
ひろ葉打つ無月の雨となりにけり
秋晴や岬の外の遠つ海
秋空につぶてのごとき一羽かな
湯さめして足袋はく足や秋の雨
秋雨に縫ふや遊ぶ子ひとりごと
燈に縫うて子に教ゆる字秋の雨
片足あげて木戸おす犬に秋の雨
よそに鳴る夜長の時計数へけり
髪巻いて夜長の風呂に浸りけり
いつつきし膝の絵具や秋袷
走馬燈に木の間の月や子等は寝し
走馬燈俄の雨にはづしけり
髪すねて遂に留守しぬ秋祭
岐阜提灯うなじを伏せて灯しけり
岐阜提灯庭石ほのと濡れてあり
虫なくや帯に手さして倚り柱
玄界の涛のくらさや雁叫ぶ
西日して薄紫の干鰯
花散りて甕太りゆく柘榴かな
降り足らぬ砂地の雨や鳳仙花
大輪の藍朝顔やしぼり咲き
朝顔や濁り初めたる市の空
摘み摘みて隠元いまは竹の先
あてもなく子探し歩く芒かな
白萩の雨をこぼして束ねけり
草刈るや萩に沈める紺法被
萱刈るや崎荒れてゐる濁り海
箒おいてひき抜きくべし鶏頭かな
葉鶏頭のいただき躍驟雨かな
葉鶏頭に土の固さや水沁まず
草の花靡くところに井戸掘らん
穂に出でて靡くも哀れ草の花
露草や飯噴くまでの門歩き
草むらや露草ぬれて一ところ
花蕎麦に水車鎖して去る灯かな
花蕎麦や濃霧晴れたる茎雫
浅間曇れば小諸は雨よ蕎麦の花
聖壇や日曜毎の秋の花
好晴や壺に開いて濃竜胆
竜胆や荘園背戸に籬せず
竜胆や入船見ゆる小笹原
露けさやうぶ毛はえたる繭瓢
青ふくべ地をするばかり大いさよ
台風に傾くままや瓢垣
枯色の華紋しみ出し瓢かな
唐黍を焼く間待つ子等文恋へり
知らぬ人と黙し拾へる木の実かな
髪よせて柿むき競ふ燈下かな
甕たのし葡萄の美酒がわき澄める
くぐり摘む葡萄の雨をふりかぶり
みがかれて櫃の古さよむかご飯
蔓起せばむかごこぼれゐし湿り土
むかごもぐまれの閑居を訪はれまじ
菊の日に雫振り梳く濡毛かな
しろじろと花びらそりぬ月の菊
白菊に棟かげ光る月夜かな
咲きほそめて花瓣するどき野菊かな
わが傘の影の中こき野菊かな
梶の葉に墨濃くすりて願ふこと
七夕百句青き紙にぞ書き初むる
七夕竹を病む子の室に横たへぬ
七夕や布団に凭れ紙縒る子
銀河濃し救ひ得たりし子の命
初秋の土ふむ靴のうす埃
まろ寝して熱ある子かな秋の暮
熱下りて蜜柑むく子の機嫌よく
熱の瞳のうるみてあはれ蜜柑吸ふ
苔まろく踏み凹めたる木の実かな
深耶馬の空は瑠璃なり紅葉狩
濃竜胆浸せる渓に櫛梳り
茸やく松葉くゆらせ山日和
野菊はや咲いて露けし墓参道
墓の前の土に折りさす野菊かな
障子締めて炉辺なつかしむ黍の雨
新蕎麦を打つてもてなす髪鄙び
掘つて来し大俎板の新牛蒡
芋汁や紙すすけたる大障子
三軒の孫の喧嘩や青林檎
鬼灯やきき分けさときひよわの子
秋雨に翅の雫や網の鷲
つれづれに浸る湯壺や秋の雨
霧雨に病む足冷えて湯婆かな
障子はめて重ねし夜着や秋の雨
簾捲かせて銀河見てゐる病婦かな
屋根石に四山濃くすむ蜻蛉かな
今朝秋の湯けむり流れ大鏡
林檎畠に夕峰の濃ゆき板屋かな
八月の雨に蕎麦咲く高地かな
難苦へて母すこやかや障子張る
朝な梳く母の切髪花芙蓉
葉洩日に碧玉透けし葡萄かな
葡萄暗し顔よせ粧る夕鏡
落葉松に浮雲あそぶ月夜かな
葡萄投げて我儘つのる病婦かな
山の温泉や居残つて病む秋の蚊帳
虫鳴くや三とこに別れ病む親子
西日して日毎に赤らむ柿の数
葉を打つてしぼみ落ちたる芙蓉かな
おいらん草こぼれ溜りし残暑かな
鬼灯や父母へだて病む山家の娘
秋風やあれし頬へぬる糸瓜水
秋風の枕上なる櫛鏡
色どれど淋しき頬や花芙蓉
蟋蟀も来鳴きて黙す四壁かな
門限に連れ立ち去りし夜長かな
仰臥して腰骨いたき夜長かな
仰臥して見飽きし壁の夜長かな
病める手の爪美くしや秋海棠
我に逆ふ看護婦憎し栗捨てよ
我寝息守るかに野菊枕上
目ひらけば揺れて親しき野菊かな
閉ぢしまぶたを落つる涙や秋の暮
椅子移す音手荒さよ夜半の秋
汝に比して血なき野菊ぞ好もしき
我ドアを過ぐ足音や秋の暮
薬つぎし猪口なめて居ぬ秋の蠅
病む卓に林檎紅さむやむかず見る
にこにこと林檎うまげやお下げ髪
九月尽日ねもす降りて誰も来ず
よべの風に柿の安否や家人来ず
寝返れば暫し身安き夜長かな
朱唇ぬれて葡萄うまきかいとし子よ
野菊やや飽きて真紅の花恋へり
秋晴や寝台の上のホ句つくり
秋風や氷嚢からび揺るる壁
粥すする匙の重さやちちろ虫
咳堪ゆる腹力なしそぞろ寒
言葉少く別れし夫婦秋の宵
栗むくや夜行にて発つ夫淋し
父立ちて子の起伏や柿の家
許されてむく嬉しさよ柿一つ
腹痛に醒めて人呼ぶ夜半の秋
秋晴や栗むきくれる兄と姉
独り居て淋しく栗をむく日かな
秋の夜やあまへ泣き居るどこかの子
老顔に秋の曇りや母来ます
帰り路を転び給ふな秋の暮
退院の足袋の白さよ秋袷
面痩せて束ね巻く髪秋袷
病み痩せて帯の重さよ秋袷
躾とる明日退院の秋袷
秋草に日日水かへて枕辺に
まどろむやささやく如き萩紫苑
毛虫の子茎を這ひゐし芒かな
火なき火鉢並ぶ夜寒の廊下かな
菊の日を浴びて耳透く病婦かな
病癒えて菊にある日を尊めり
母留守の菊にそと下りし病後かな
個性まげて生くる道わかずホ句の秋
妬心ほのと知れどなつかし白芙蓉
螺線まいて崖落つ時の一葉疾し
鶏頭大きく倒れ浸りぬ潦
櫛巻にかもじ乾ける菊の垣
秋山に映りて消えし花火かな
石の間に生えて小さし葉鶏頭
湖畔歩むや秋雨にほのと刈藻の香
舟人や秋水叩く刈藻竿
藻に弄ぶ指蒼ざめぬ秋の水
月の頬をつたふ涙や祷りけり
熱涙拭ふ袂の緋絹や秋袷
われにつきゐしサタン離れぬ曼珠沙華
コスモスくらし雲の中ゆく月の暈
コスモスに風ある日かな咲き殖ゆる
間借して塵なく住めり籠の菊
稲妻に水田はひろく湛へたる
語りゆく雨月の雨の親子かな
掘りかけし土に秋雨降りにけり
走馬燈いつか消えゐて軒ふけし
ころぶして語るも久し走馬燈
岐阜提灯庭石ほのとぬれてあり
一人居の岐阜提灯も灯さざり
星の竹北斗へなびきかはりけり
うち曇る空のいづこに星の恋
板の如き帯にさされぬ秋扇
虫をきく月の衣手ほのしめり
虫籠をしめし歩みぬ萩の露
放されて高音の虫や園の闇
鳴き出でてくつわは忙し籬かげ
大波のうねりも去りぬ鯊釣る
鯊釣る和布刈の礁へ下りたてり
野菊むらかがめば風の強からず
八十の母手まめさよ萩束ね
山萩にふれつつ来れば座禅石
門とざしてあさる仏書や萩の雨
唐もろこしの実の入る頃の秋涼し
唐黍を焼く子の喧嘩きくもいや
不知火の見えぬ芒にうづくまり
大なつめ落す竿なく見上げゐし
人やがて木に登りもぐ棗かな
なつめ盛る古き藍絵のよき小鉢
銀杏をひろひ集めぬ黄葉をふみて
旅たのし葉つき橘籠にみてり
蜜柑もぐ心動きて下りたちぬ
わけ入りて孤りがたのし椎拾ふ
邸内に祀る祖先や椋拾ふ
菊摘むや群れ伏す花をもたげつつ
添竹をはづし歩むや菊も末
菊干すや何時まで褪せぬ花の色
日当りてうす紫の菊莚
大輪のかはきおそさよ菊莚
ひろげ干す菊かんばしく南縁
ぬひあげて菊の枕のかほるなり
橡の実のつぶて颪や豊前坊
秋晴や由布にゐ向ふ高嶺茶屋
木の実降る石に座れば雲去来
大嶺に歩み迫りぬ紅葉狩
自動車のついて賑はし紅葉狩
鎚とれば恩讐親し法の秋
月高し遠の稲城はうす霧らひ
並びたつ稲城の影や山の月
鶴舞ふや日は金色の雲を得て
月光に舞ひすむ鶴を軒高く
暁の田鶴啼きわたる軒端かな
寄り添ひて野鶴はくろし草紅葉
一群の田鶴舞ひ下りる苅田かな
近づけば野鶴も移る刈田かな
群鶴を驚かしたるわが歩み
学童の会釈優しく草紅葉
鶴鳴いて郵便局も菊日和
家毎に咲いて明るし小菊むら
菱実る遠賀の水路は縦横に
菱採ると遠賀の娘子裳濡ずも
菱摘むとかがめば沼は沸く匂ひ
海松かけし蟹の戸ぼそも星祭
下りたちて天の河原に櫛梳り
彦星の祠は愛しなの木蔭
口すすぐ天の真名井は葛がくれ
荒れ初めし社前の灘や星祀る
星の衣吊すもあはれ島の娘ら
乗りすすむ舳にこそ騒げ月の潮
ささげもつ菊みそなはせ観世音
菊の香のくらき仏に灯を献ず
月光にこだます鐘をつきにけり
かがみ祈る野菊つゆけし都府楼址
道ひろし野菊もつまず歩みけり
秋耕の老爺に子らは出で征ける
鳥渡る雲の笹べり金色に
雲間より降り注ぐ日は菊畠に
竜胆も鯨も掴むわが双手
信濃なる父のみ墓に草むしり
城山の桑の道照る墓参かな
ゆるやかにさそふ水あり茄子の馬
神前の雨洩りかしこ秋の宮
上宮は時じく霧ぞむら紅葉
橡の実や彦山も奥なる天狗茶屋
色づきし梢の柚より山の秋
靄淡し禰宜が掃きよる崖紅葉
花葛の谿より走る筧かな
幣たてて彦山踊月の出に
佇ちよれば湯けむりなびく紅葉かな
湧き上る湯玉の瑠璃や葛の雨
這ひかかる温泉けむり濃さや葛の花



落葉道掃きしめりたる箒かな
わが歩む落葉の音のあるばかり
ゆく年の忙しき中にもの思ひ
戯曲よむ冬夜の食器浸けしまま
訪れて山家は暗し初時雨
水焚や入江眺めの夕時雨
更けて去る人に月よし北の風
北風に訪ひたき塀を添ひ曲る
北風の藪鳴りたわむ月夜かな
寄鍋やたそがれ頃の雪もよひ
寒風に葱ぬく我に絃歌やめ
寒林の日すぢ争ふ羽虫かな
枯野路に影かさなりて別れけり
冬川やのぼり初めたる夕芥
櫛巻に目の縁黒ずむ冬女
炭つぐや髷の粉雪を撫でふいて
炭ついでおくれ来し人をなつかしむ
足袋つぐや醜ともならず教師妻
軒の足袋はづしてあぶりはかせけり
白足袋に褄みだれ踏む畳かな
絨毯に足袋重ねゐて椅子深く
椿色のマント着すれば色白子
遊学の我子の布団縫ひしけり
湯気の子をくるみ受取る布団かな
六つなるは父の布団にねせてけり
右左に子をはさみ寝る布団かな
風邪の子や眉にのび来しひたひ髪
瞳うるみて朱唇つややか風邪に臥す
熊の子の如く着せたる風邪かな
笑み解けて寒紅つきし前歯かな
寝がての蕎麦湯かくなる庵主かな
瑠璃の海全く暮れし暖炉かな
空似とは知れどなつかし頭巾人
雪道や降誕祭の窓明かり
柚子湯出て身伸ばし歩む夜道かな
緋鹿子にあご埋めよむ炬燵かな
眉根よせて文巻き返す火鉢かな
狐火や風雨の芒はしりゐる
我作る菜に死にてあり冬の蜂
掃きよする土に冬蜂這ひゐたり
牡蠣舟に上げ潮暗く流れけり
けふの糧に幸足る汝や寒雀
枯草に粉雪ささやけば胼の吾れ
枯枝に残月冴ゆる炊ぎかな
寒独活に松葉葉掃き寄せ囲ふなり
思ひつつ草のかがめば寒苺
木苺の寒を実れり摘みこぼす
肥かけて冬菜太るをたのしめり
わが蒔いていつくしみ見る冬菜かな
縫ひ疲れ冬菜の色に慰む目
肥きいて日を吸ひふとる冬菜かな
炭ついで吾子の部屋に語りけり
北斗凍てたり祈りつ急ぐ薬取り
燭とりて菊根の雪をかき取りぬ
御僧に門の雪掻く忌日かな
御僧に蕪汁あつし三回忌
病間や破船に凭れ日向ぼこ
炭つぐや頬笑まれよむ子の手紙
山茶花の紅つきまぜよゐのこ餅
ゐのこ餅博多の仮寝馴れし頃
ゐのこ餅紅濃くつけて鄙びたる
山茶花の簷にも白く散りたまり
冬浜のすす枯れ松を惜みけり
冬凪げる比売宮ふしおがみ
厳寒や夜の間に萎えし卓の花
ほのゆるる閨のとばりは隙間風
たらちねに送る頭巾を縫ひにけり
遊学の旅にゆく娘の布団とぢ
かざす手の珠美くしや塗火鉢
筆とればわれも王なり塗火鉢
ひとり居も淋しからざる火鉢かな
かき馴らす塩田ひろし夕千鳥
首の捲く銀狐は愛し手を垂るる
牡蠣舟や障子のひまの雨の橋
君来るや草家の石蕗も咲き初めて
そののちの旅便りよし石蕗日和
冬ごもる簷端を雨にとはれけり
洞門をうがつ念力短日も
厳寒ぞ遂にうがちし岩襖
松葉焚くけふ始ごと煖炉かな
ストーヴに椅子ひきよせて読む書かな
燃え上る松葉明りの初煖炉
横顔や煖炉明りに何思ふ
投げ入れし松葉けぶりて煖炉燃ゆ
霜晴の松葉掃きよせ焚きにけり
冬晴の雲井はるかに田鶴まへり
田鶴舞ふや稲城の霜のけさ白く
蔓ひけばこぼるる珠や冬苺
初雪の久住と相見て高嶺茶屋
クリスマス近づく寮の歌稽古
北風吹くや月あきらかに港の灯